『幸福の条件』ローン返済のためラスベガスでカジノで一獲千金を狙う夫婦の物語。もしも二人が家でオンラインカジノをしていたら?

映画「幸福の条件」1993年の作品ですが、名作の声も高く今も広く見られ続けている名作です。もしも知らない方のために物語のあらすじを大まかに話すと、仲睦まじく暮らしているベナルブ夫婦、夫デヴィッドは建築関係、妻ダイアナは不動産関係の仕事をしており、二人で妻が選んだ土地に夫が建築した家に住むのが夢だったが、不況の波が襲い掛かり、二人は仕事を無くし、途方に暮れ、ついには手っ取り早くお金を得るためカジノに向かい、負けてしまう。

 

そんな中、大富豪の男ジョンが妻ダイアナを一晩100万ドルで買いたいと申し出てくるが...と言うお話。カジノに向かう、ではなくお家で仲睦まじくオンラインカジノをしていたら
まずジョンと出会わないので、物語は展開していきません。まあ、そういうのは置いといて。
オンラインカジノには初回入金ボーナスというものがあるものがほとんどなので、まずそこで現実のカジノへ行くより目標額に近づきます。ある程度カジノ遊び方を知ってる方には当たり前の話ですが、カジノには入場料がある事が普通ですよね。しかし、オンラインカジノではその点も心配なし。つまり、かなり目標額を達成できる確率は高いと言えるでしょう。しかも、映画ではカジノに行った一日目はバカヅキ状態で持ち金が5倍程に増えていたので、24時間プレイする事が出来るオンラインカジノであればそのままバカヅキ状態で目標額である10倍まで到達していたかも。
さらにもうひとつ付け加えるなら、オンラインカジノは家でプレイする事が出来るので、カジノよりも冷静さを保つことが出来るという点も非常に大きなアドバンテージであるかもしれません。ギャンブラーの方であればわかると思いますが、アツくなってしまうと、後から考えると有り得ないとしか思えない失敗や考え方をしてしまうのがギャンブル。まあ、それが面白いという側面もありますが...
なんにせよ、もしも「幸福の条件」の二人がカジノではなくオンラインカジノで一攫千金しようとしていたら、映画のような感動や激しい感情の起伏、そして普通では起こり得ない程の体験は得られなかったかもしれませんが、この映画で言いたかった「つまり幸福と言うのはささやかでありきたりな『特別』なのだ」という意味でいえば、オンラインカジノとは、カジノに行くよりもずっと二人にとっては「幸福」であったかもしれませんね!